意外に知られてない?医療の資格いろいろあります

高齢者介護の現場で働く人たち

近年の少子高齢化の流れを受け、介護業界は私たち日本人にとって誰もが身近なものになってきました。
その介護業界で活躍する介護福祉士、ホームヘルパーという仕事も立派な医療の資格と言えるでしょう。
以前は看護師がこの業務を兼務しているような側面もありましたが、現在では病気療養中でない高齢者の介護に関しては介護のプロである前述のような資格を取得したプロが行っています。
介護福祉士とホームヘルパーは混同されやすい仕事ですが、両者の決定的な違いとして介護福祉士は病院や養護施設などで介護業務を行う事が出来る資格なのに対し、ホームヘルパーは介護サービスを利用者の自宅で行う仕事であるという事が挙げられます。
いずれにせよ高齢者の介護には病院との連携は必須であり、そういった意味でも立派な医療現場の仕事と言えるでしょう。
しかしながら介護の資格というのは現在まだ発展途上にあり、国もその改革中である事は否めません。
国は現在ホームヘルパーと言う資格を廃止し、将来的には介護福祉士に統一する方向性を示し、そのための介護職員基礎研修という講座を設け、この受講修了者にホームヘルパー1級の上位資格を与える制度を新設しました。
しかしながら介護の現場において今現在働いているホームヘルパーの人たちの活躍はかかせないものですから、こちらの制度改革にはまだ時間がかかる見込みではあります。
よりよいサービス、利用者が使いやすい制度の為に介護業界も日々進歩していっています。
今現在介護のお世話になる予定もないし興味もない、という方もいらっしゃるかもしれませんが、人は必ず歳を取ります。
そして日本が抱えている高齢化社会という問題は、身近に高齢者がいない家庭であったとしても決して他人事ではありません。
これからの介護業界の動きをきちんと理解しておくことも、ご自身がよりよい老後を送る為に大切な事なのではないでしょうか。

Copyright (C)2014意外に知られてない?医療の資格いろいろあります.All rights reserved.