意外に知られてない?医療の資格いろいろあります

人の誕生に係わる仕事

女性が妊娠、出産をする際にお世話になるのは産婦人科です。
妊娠中の検診などを行うのはもちろん産婦人科医ですが、実際のお産に臨む際、特に問題のないスムーズな出産であった場合には、産婦人科医が登場するのはまさにラストの赤ちゃんを取り上げる時だけ!という経験をされた方も多くいらっしゃるでしょう。
お産自体は病気ではありませんし、リスクを伴ったり出産自体に問題がない場合には、医療行為を行う産婦人科医は実はあまり必要ではなかったりします。
この場合一番お世話になるのは助産師さんではないでしょうか。
出産を経験された方はお分かりになるかと思いますが、いざ陣痛、出産という流れの中で妊婦さんをずっとフォローしてくれるのが助産師さんです。
時には励まし、時には叱りつけてくれるその存在は本当にありがたく力強いものです。
助産師は助産及び妊婦や新生児の保健指導を行う、というのが仕事内容とされていますが、実際妊産婦の心の支えとして精神面のケアまで行うとても経験や技術が要される仕事と言えるでしょう。
では、助産師として仕事を行う為にはどういう資格が必要なのでしょうか。
助産師になる大前提として女性である、という事が必須です。
現在どんな医療の資格でも男女平等に受験資格が設けられている事がほとんどですが、助産師に限っては女性のみにその資格が与えられます。
また助産師には助産師国家試験の合格が必要ですが、これを受験する為にはまず看護師国家資格の取得が必須です。
いわば助産師は看護業務の分野でのお産のスペシャリスト、という事になるでしょう。
お産と言うのは女性にとって人生の中で一番の経験であり、財産となる出来事です。
ミスは許されませんしやり直しもききません。
それだけ責任のある、重圧のかかる仕事であるからこそ、スペシャリストとしての資質が求められるという事が言えるのではないでしょうか。

Copyright (C)2014意外に知られてない?医療の資格いろいろあります.All rights reserved.