意外に知られてない?医療の資格いろいろあります

医療現場における「動き」のプロとは

病院には病気を治す、という行為を目的としている職業の人がいる事は当たり前ですが、「治療」という概念だけでは本当の意味での病気からの快復とは言えません。
例えば骨折をしてしまって、治療の結果骨はつながったのだけれどしばらく寝たきりだったせいで歩くことが出来なくなった、では本末転倒ですよね。
疾病の度合いによってその回復状況は様々ではありますが、病気やけがをする以前の健康な状態に戻る、というのがベストな治療と言えるでしょう。
病気やけがなどの原因によって患者さんが身体的に何らかの障害が発生した、または発生の予測が出来る場合にそのリハビリを行う専門家が理学療法士という仕事です。
まさに「立つ」「座る」「歩く」などの基本動作をスムーズに行う事が出来るよう、動きの部分を治療するドクターとも言えるかもしれません。
理学療法士はフィジカルセラピストとも呼ばれ、まさに「動き」のプロです。
この仕事も国家資格を要し、病院や診療所はもちろん介護施設などで活躍しています。
この国家資格を受験する為にはやはり専門の養成課程を卒業しなければなりません。
この養成課程に関しては大学、短大、専門学校と年数などにも差があり選択肢があります。
また年齢制限などもありませんのでいったん社会人となった後でも目指しやすい医療の資格であるかもしれません。
しかし一言にリハビリ、といってもそれは患者さんにとって先の見えない非常に厳しい作業である事は確かです。
少し歩く練習をしたらすぐ元通り、という患者さんばかりではなく、中には普段の生活が滞りなく送れるようになるまで数年かかるケースも少なくなりません。
その分理学療法士は患者さんに寄り添い、患者さんの立場に立って我慢強く指導を行わなければならない大変な仕事です。
そういった意味では患者さんの精神的支えになる事も必要になってくるでしょう。
それだけに充実感や達成感の得られやすい仕事という側面も持ち合わせているかもしれません。
こういった方たちのフォローがなければただ単に病気を治療しても、安心で快適な生活を取り戻すことは難しいという訳です。

Copyright (C)2014意外に知られてない?医療の資格いろいろあります.All rights reserved.