意外に知られてない?医療の資格いろいろあります

薬剤師ってどんな資格?

薬の処方箋を作成するのは医師の仕事ですが、その処方箋にしたがって薬剤を調合するのが薬剤師の仕事です。
薬剤師は薬局、ドラッグストアや製薬会社などで活躍されている方がほとんどではないでしょうか。
薬剤師として働くためのルートは現在2つあり、まずは大学の薬剤師養成課程(6年制)を卒業後、薬剤師国家試験を取得する方法、もう1つは4年制の薬学課程のある大学を卒業後、薬剤師受験資格が得られる一部の大学院に進学し、卒業後同試験を受け、合格する方法です。
いずれにせよ6年間は勉強の必要がありますし、今現在はこのルート以外の受験方法がない為、独学でこの資格を取得する事は出来ません。
薬と言うのは直接人体に影響を与える非常に繊細なものでありますから、その専門知識は多岐に亘り、複雑なものになります。
では、実際にどんな仕事をしているのでしょうか。
薬剤師の仕事は勤務先によってもかなり異なります。
例えば薬局に勤める薬剤師の方々は、処方箋に基づいた調剤を行う事はもちろん患者さんに対しその薬の説明や薬の購入に関する相談を受けたりする内科医的な側面も併せ持っています。
最近は薬の種類自体非常に多数で、また日々進化していっているものですから、常に新しい知識を身に付ける日々の勉強は必須となるでしょう。
一方、病院や診療所に勤務している薬剤師の場合は病院内で調剤をすることから、薬局と異なり注射などの薬液の調剤などの頻度も多くなります。
そして医薬品会社などに勤務する事もあり、その薬学上の知識は製品の開発などに役立てられてもいる訳です。
現在の薬はとても効果が著しく出る事があり、その処方や用量にはかなりの専門知識が必要となってきています。
そのため最近では医師の負担を軽減するためにも、将来的に薬剤師が医師の処方の手助けが出来るような役割を持つ専門家とするべき、という意見も出ているほどです。
いずれにせよ病気の治療には欠かせない薬と言う存在。
これを調剤する薬剤師という医療の資格もまた、私たちの生活には欠かせないものと言えるでしょう。

Copyright (C)2014意外に知られてない?医療の資格いろいろあります.All rights reserved.