意外に知られてない?医療の資格いろいろあります

看護師と言う仕事

病気で入院したりした際に、一番お世話になるのは医師よりも看護師かもしれません。
医師は病気の治療を行うのが仕事ですが、看護師は治療以外の全ての分野において患者となる方の世話を行ってくれる仕事です。
患者の日常のお世話や診察の補助はもちろん、場合によっては患者の家族のメンタルケアにいたるまでその業務は多岐に亘るものといえるでしょう。
看護師、と一言にいっても実は種類があります。
は看護師国家試験に合格し厚生労働大臣の免許を受け、患者の療養上の世話や診療の補助を行う看護師、そして准看護師試験に合格し都道府県知事の免許を有し、看護師に準ずる業務を行う准看護師、特定の分野において熟練した看護知識を持ち、日本看護協会から認定を受けた認定看護師、専門看護師認定試験に合格しある特定の看護分野において非常に秀でたスキルを有する専門看護師、現在はこの4種類となっており、それぞれ医療現場で欠かせない存在として日々私たちの健康の為に働いてくれています。
看護、といってもそれは決してマニュアル通り業務をこなしていれば済むような仕事ではありません。
看護という仕事は膨大な経験や実績に基づき緻密に看護計画が作成された上で成り立っているものですから、看護師と言う仕事は医師とはまた異なったジャンルのプロといえるでしょう。
看護師になるルートは高校、専門学校、短大、大学など様々で、年齢制限などはありません。
男女問わず誰でも目指す事の出来る医療の資格ではありますが、医師と同様人の病気に係わる仕事は体力、精神力ともにタフさが求められます。
以前はあまりのハードワークに看護師の離職率が高いという話もありましたが、最近では大分それも改善され、子供をもつ母親となってからも看護師を続ける人も増えているようです。
いずれにせよ看護師の皆さんの日々の勉強と努力が、今日の医療現場を支えていると言ってもいいのかもしれませんね。

教育・医療の資格情報、ここがお勧めですよ

  • 意外かもしれないんですけど、学習・習いごとはまなびネット。医療事務についてなら こちらが一番見やすいです。

Copyright (C)2014意外に知られてない?医療の資格いろいろあります.All rights reserved.