意外に知られてない?医療の資格いろいろあります

医療業界の事務のプロとは

どんな業界であっても事務の仕事というのはかならず発生する業務と言えます。
医療の現場でも事務作業は欠かす事の出来ない大切なセクションであり、この事務作業をきちんと処理できなければ病院経営は立ち行かなくなってしまいます。
医療の現場では特殊な事務処理が必要となっており、この作業を行う仕事が医療事務の仕事です。
医療事務の仕事の大多数を占めるのが診療報酬明細書、いわゆるレセプトの作成です。
これは医療施設において厚労省が定めた診療報酬を元に、患者さんの支払う医療費や健康保険の請求額などを計算する医療業界独自の仕事で、医療事務の根本ともいえる業務です。
その他受付や庶務雑務、勤務先によってはクラークと言われる入退院の手続きや検査のスケジュール管理などまで行う場合もあり、業務内容は多岐に亘るものとなっています。
また医療施設と言う特殊な現場での接客をしなければなりませんから、相応の知識や経験、接客技術やPCスキルなども必要となる事は言うまでもありません。
医療事務の仕事自体は何か資格を取得しなければなれないというものではありませんが、昨今の医療現場では診療や保険制度がどんどん複雑化していっていますから、やはりこの仕事に就いている方たちは何らかの資格の勉強をされている方が大多数を占めているようです。
医療事務、という医療の資格は存在しません。
逆に医療事務に関する資格の種類はとてもたくさんあり、これを取得しておけば安心、というものもなく資格選びもなかなか迷ってしまう所ではあります。
代表的なものといえば財団法人日本医療保険事務協会が実施している診療報酬請求事務能力認定試験が最も歴史が古く、メジャーなもののひとつです。
他にも財団法人日本医療教育財団が主催する医療事務技能審査試験という資格は人気があり、受験者が最も多い資格です。
いずれにせよ医療事務というバックグラウンドでの仕事をきちんとこなしてくれる人たちがいるからこそ、安定した病院経営を行う事ができ、私たちも安心して医療施設にお世話になる事が出来ている訳です。

Copyright (C)2014意外に知られてない?医療の資格いろいろあります.All rights reserved.